毛の減り具合によって間隔が異なる

最近では店舗数も増え、施術の値段も非常にリーズナブルになったことから、若い女性から支持を得ているのが光脱毛です。気になる部分に光を当てるだけでお手入れができちゃうという至ってシンプルな方法、しかも痛くないことから、美容院感覚で通う女性も増えているといいます。
実はお手入れは1回では終わりません。1本1本違うヘアサイクルという生え変わりのサイクルがあり、光が効果があるのがその中でも成長期のものだけなのです。いくら光の効力が高いとしても、気になる部分が全て成長期ということはあり得ないので、間隔をあけて、何回か照射をすることとなるのです。さくらんぼ
しかもお手入れ部分の減り具合によってその間隔は異なります。つまり、照射したのに全然減らないというなら、もっと頻繁に照射をする必要がありますし、照射の効果が鮮明に現れて、薄くなり、サイクルも長くなっているようなら、間隔を長くしていくといったように、臨機応変に対応する必要があるのです。
一般的に濃い人の方が短いスパンで、薄い人の方が長いスパンで、それぞれお手入れをしていくことになるようです。ただ、濃い人の方が減ったという実感が強いので、効果が高いように感じるようです。

Comments are closed.