光脱毛の危険

光脱毛は光の波長を用いて光のエネルギーで毛根部分にダメージを与えます。医療機関で用いられるレーザー脱毛と比べて威力は弱いので肌への負担は少ないという点がメリットですが、肌の負担が全くないわけではないので少なからず肌へのダメージがある事を知っておく事が大切です。
エステサロンでは元から肌が黒い人、あるいは日焼けをしてメラニンを多く含んだ色黒の肌になっている人は施術をすると火傷や炎症を起こす危険がある為、施術をお断りしている所がほとんどです。また、ほくろがある人も光エネルギーが反応するメラニンが含まれているので、火傷や炎症を起こす可能性があります。日焼けや炎症を起こした肌は痛みを感じやすく、誤って施術をした場合痛みを強く伴う事もあります。トラブルを起こさない為にも脱毛期間中は日頃から日焼け対策をしておく事が望ましいです。最近の脱毛機器には安全な設定にはなっていますが、目においても強い光を放つので施術時に覆うように施術をしている所もほとんどです。ドリンク01
エステサロン等で施術をする場合にはエステティシャンが危険性を熟知しているので黒い部分を避けて対応しながら施術を行いますが、自分で家庭用の光の脱毛器を使用する場合は事前に取扱説明書をよく読んで使用する事が大切です。

 

Comments are closed.